管清工業に入社したきっかけは?

管清工業の下水道管路を清掃・調査・補修する技術力に魅力を感じました。道路の下に埋まっている管路を維持管理する、まさに「縁の下の力持ち」の管清工業に自分も貢献したいと考え志望しました。

今の仕事内容を教えてください

技術部では、部署員1人1人が開発業務を受け持っており、私は飲食店などから排出される動植物性油脂の無害化の開発業務を担当しています。開発以外にも下水道管路の天敵である硫化水素を測定する機器の管理、インフラ関係の展示会で説明員をしています。

仕事のやりがいはなんですか

私は実際には現場には出ていないのですが、自分が整備した機器が現場で活用され、重要なデータを記録して帰ってきたときには、インフラ管理に役立っている実感があります。いつか自分が携わった技術や機器が、現場で活躍することを思い浮かべ、実験をしているときは、とても楽しい時間です。

今後の目標を教えてください

これまで学んだことや、これから学ぶ様々な知識を開発に盛り込み、管清工業の技術向上に貢献できるようになりたいです。スキルを磨いて、新しい技術の提案を自分から行えるようになりたいです。

就職活動中の皆さんへ

ライフラインの一つである下水道は、人々の生活を支える、なくてはならない存在であり、その維持管理はとても重要です。私たち管清工業は、かけがえのない仕事をしているのだと思っていますので、興味を持ってもらえると嬉しいです。

1日のスケジュール

  • 8:10 出社。事務所掃除、メールチェック。
  • 8:30 朝礼、ラジオ体操、手順の確認・実験を行う。
  • 12:00 昼食。近くにお店がないため仕出し弁当屋さんが来てくれます。
  • 13:00 機器調整。現場から帰ってきた機器の洗浄やこれから現場に出す機器の準備をする。
  • 16:00 書類作成。実験の結果や調整した機器の証明書などをまとめる。
  • 17:30 実験や機器調整の計画を簡単に立て、明日の予定を決める。
  • 18:00 退社。